上場企業

株式会社不動産鑑定審査機構

上場企業の方へ

 通常の事業活動について鑑定評価書を活用される機会が多いものと思われますが、当該鑑定評価書の信頼性を検証するためにも第三者による鑑定評価書の審査が重要となります。従来から、公的機関では鑑定評価書を複数の鑑定機関に依頼し、二者鑑定、三者鑑定等を行い、その平均評価額を適用する等、鑑定評価額の適正把握を行っていますが、民間会社にとって費用的な面からも複数の鑑定機関に鑑定依頼することは困難なこととおもわれます。そこで、鑑定審査を行うことにより当該鑑定評価書の信頼性について検証することが可能となります。
通常の事業活動において鑑定評価書の審査を活用するものとしては次のような案件が考えられます。

①自社の不動産を売却する場合又は賃貸する場合における鑑定評価書の審査
②不動産を取得又は賃借する場合における鑑定評価書の審査
③担保取得に係る鑑定評価書の審査
④訴訟に係る鑑定評価書の審査
⑤その他事業活動上必要となる鑑定評価書の審査

 当社は、企業活動における鑑定評価書の適正把握に資することを目的として、鑑定評価書審査サービス“REAview”(リアビュー)を考案いたしました。リアビューは、鑑定依頼者及び鑑定書発行業者から独立の立場にある不動産鑑定士が鑑定評価書の信頼性について最大600項目に及ぶ審査を行い、4段階にランク付けして報告するサービスです。これにより、納得のいく鑑定評価額の適正把握が可能になります。

 なお、リアビューは、「不動産の鑑定評価に関する法律」第3条第2項に基づく不動産鑑定士の業務として実施いたします。